マンションの買い方で問題になるのは・・・

マンションの買い方で問題になるのは、新築マンションの場合、実物を見ることが出来ないということがあります。通常マンション販売会社は、マンションの建設地の近くに簡易的なモデルルームを作って、そこで部屋の内部を再現して、来場者に営業活動をしていくスタイルとるところが多いです。

このモデルルームが気に入ってマンションを購入しても、いざマンションが完成して実物を見たら、自分が想像していたのとは違ったというケースはめずらしいことではありません。例えばチラシで気に入ったマンションが、実際に見に行ったらそれほどではなかったということは良くあります。

これは平面で見たときと、立体で見たときとは受ける印象が違ってしまうことが原因です。新築マンションを購入する場合は、モデルルームを見て決めるのが普通ですが、決して即決だけはしないように気をつけましょう。