マンションを購入するためには・・・

マンションの購入を検討している方も多いと思いますが、最近では耐震偽装事件などもあり、自分なりにマンションの買い方を勉強している人も増えてきています。

マンション購入は一生に一度の大きな買い物です。新築マンションともなると、最低でも3,000万円以上はするのが普通ですので、きちんと検討をして、後悔のないようにしないといけません。

マンションを購入するためには、立地や生活環境、もちろん金額なども考慮しなければいけません。それに加えて、今の収入で住宅ローンを組めるかなども問題となってきます。

現在日本は低金利ではありますが、経済状況も不安定ですので、今後マンションの建設戸数も落ち込んでくると思います。マンションの買い方をしっかりマスターして、後悔しないマンションを購入できるようにしていきましょう。

マンションの買い方としてまず大切なのは・・・

マンションの買い方として大切になるのは、マンション販売会社の意見を鵜呑みにしないことです。耐震偽装の際は、建築士と販売会社、検査会社の責任が問われていますが、結局建て替え費用などを負担しているのは住民です。

ある程度は補償してくれるとはいえ、おそらく全額の補償はされないと思います。ですからマンション販売会社の営業マンの話を鵜呑みにせずに、自分なりにチェックポイントを用意して、マンション内をくまなく見て回ることも必要だと思います。

例えば図面を見せてもらって、それを別の建築士に見てもらい、マンションの構造上の欠陥がないか確認してもらうなども必要になってくると思います。先ほども言いましたが、マンション購入は一生に一度の大きな買い物です。自分達で出来ることはやっておきましょう。

マンションの買い方で問題になるのは・・・

マンションの買い方で問題になるのは、新築マンションの場合、実物を見ることが出来ないということがあります。通常マンション販売会社は、マンションの建設地の近くに簡易的なモデルルームを作って、そこで部屋の内部を再現して、来場者に営業活動をしていくスタイルとるところが多いです。

このモデルルームが気に入ってマンションを購入しても、いざマンションが完成して実物を見たら、自分が想像していたのとは違ったというケースはめずらしいことではありません。例えばチラシで気に入ったマンションが、実際に見に行ったらそれほどではなかったということは良くあります。

これは平面で見たときと、立体で見たときとは受ける印象が違ってしまうことが原因です。新築マンションを購入する場合は、モデルルームを見て決めるのが普通ですが、決して即決だけはしないように気をつけましょう。

営業マンの対応能力

マンションの買い方で絶対にチェックしてほしいのが、マンション販売会社の営業マンの対応能力です。

マンションを購入する時に唯一相談できるのはマンション販売会社の営業マンです。この営業マンですが、実は結構頼りない人が多いです。なぜならば販売前に営業マンを大量に採用して、簡単な教育をした後で、営業活動をさせているところもめずらしくないからです。

ですから、こちらの質問に対して、資料を提示しながら的確に回答してくれる営業マンであれば良いのですが、こちらの質問に対して返答が遅かったり、いちいち確認に行ってしまうような営業マンであれば、そこのマンションは購入しないほうが無難でしょう。

また言葉遣いや身だしなみといった出来ていて当たり前と思われる箇所も、意外と出来ていない営業マンも多いので、厳しい目でチェックしてみましょう。